お問い合わせ

03
1月

阪神西宮からマッサージへのご質問返答

2018年1月3日

カテゴリー:未分類

 よくあるマッサージに関するご質問に対して、お応えしたコンテンツをご紹介します。

マッサージに通う頻度

 

 

 

 

 

 

マッサージの目的はあくまで、【一時的に楽になる】【気持ち良い】の2つに分かれると思います。気持ち良いなどの自分へのご褒美なら、毎日でも良いと思います。美味しいご飯を毎日食べたいのと同じです。受けるコト自体に目的があるので、マッサージの頻度は多くても問題ありません。

 

 

しかしマッサージ自体は受け続けるのはおすすめできません
マッサージの効果とされる【血流の改善】【緊張の緩和】【筋肉を解す】は一時的な対処になります。
根本が改善されず誤魔化すコトになるので悪化していきます。
また「筋肉がバカになる」と言われる感覚が鈍くなるコトもリスクとして考えておくべきです。

詳しくは【マッサージ・整体に通う頻度は?

 

 

 

 

 

 

 

揉み返しについて

 

 

 

 

 

 

揉み返しと言うのは、マッサージを受けた翌日や早ければ数時間後に来る痛みです。
筋肉痛のような場合が多いのですが、重だるい痛みの時もあります。

 

 

原因は諸説ありますが、対処法は同じです。
血流を良くするコトで改善されます。具体的には軽い運動・お風呂で温まるなどです。またマッサージが原因で起こりますが、血流を良く出来るのでマッサージでも効果が期待できます。

詳しくは【マッサージで揉み返し?好転反応?

 

 

 

 

 

 

 

食後のマッサージ

 

 

 

 

 

 

マッサージを受けると手先や足先、今まで血流の悪かったところの血流が増えます。つまり、胃や腸などの消化器の血液量が減ってしまうことになります

消化には大きな負担がかかります。その為のエネルギーが足らなくなると、消化不良を起こしてしまいます。症状としては、お腹の膨れた感じが長続きしたり、胃もたれや便秘を起こしてしまいます。

さらに長期的に見ると、消化不良は腸内環境を悪化させるので冷え性や肥満、肩こり腰痛のリスクも増えてしまいます。

詳しくは【食後のマッサージがカラダに良くない理由

 

 

 

 

 

 

 

 

マッサージの強さ

 

 

 

 

 

 

マッサージを受ける以上は、その効果を期待していると思います。マッサージの効果としてよく言われるのは

①疲労回復

②こりの解消

③腰痛・肩こりなどの鈍痛の解消

④癒し

この4つがメインになってくると思います。他にも内科的な効果も出せますが細かくなりますので割愛します。
この4つに関して、マッサージが強いと逆効果になる危険もあります。
詳しくは【マッサージは痛い方が良い?

 

 

 

 

 

 

 

 

マッサージ受けて良いか?

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉痛

 

 

 

 

 

 

血流の改善や、筋肉の緊張を緩めるのに効果が期待できるのでマッサージは有効とされています。

筋肉痛の場合のマッサージは、易しめの強さでゆっくりしたリズムがおすすめです。その他にはスポーツマッサージの様に、振るわせる様な施術も良いとされています。

ストレッチの場合は、伸ばそうとせず痛気持ち良い強さでゆっくりすると良いです。ストレッチのイメージとは変わりますが、動的ストレッチとして早いリズムで痛くない範囲で動かすのも効果的です。

詳しくは【筋肉痛の時はマッサージOK?

 

 

 

 

 

 

 

 

生理中

 

 

 

 

 

 

生理期間中の生理痛は、子宮の緊張が強くなるのが原因になります。流産のツボなどの子宮を緩める筋肉をほぐすと原因がなくなりマシになります。

具体的にはふくらはぎの内側の骨のキワです。かかとの内側や親指の内側なども関係します。
生理中はむしろマッサージを受けるコトをおすすめします

詳しくは【生理中にマッサージが良い理由

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中

 

 

 

 

 

 

早期に起こった流産の原因で最も多いのが赤ちゃん自体の染色体等の異常です。つまり、受精の瞬間に「流産の運命」が決まることがほとんどです。お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することは、ほとんどないと言って良いでしょう。
【引用:公益社団法人 日本産科婦人科学会

 

 

マタニティマッサージを受けても、本当は流産に影響がないとされています。ですが安全を考えて【妊娠安定期】【医師の同意】を当院では条件にさせて頂いています。

詳しくは【マタニティマッサージ【阪神西宮】

 

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰の時に適当にマッサージを受けるのは非常に危険です。最悪の場合は、悪化して救急車にのるハメになります。
ご予約する際に、「ぎっくり腰でも大丈夫か」お店にお問合せするとマレに大丈夫な所があります。
当院はぎっくり腰の施術経験も豊富ですので、ぎっくり腰でお困りの際は一度ご連絡下さい。

 

 

詳しくは【ぎっくり腰でマッサージ屋に行くのはNG!!

 

 

 

 

 

 

 

緊張型頭痛

 

 

 

 

 

 

緊張型頭痛は肩こりがヒドイ時に出る頭痛のコトです。
マッサージでは緊張型頭痛の根本を治す事はほぼできないです。
その瞬間楽になりたい方は、マッサージ屋さんでも十分です。

ただし、翌日・早ければ数時間後には緊張型頭痛の症状は現れてきます。

根本的に緊張型頭痛の症状、頭痛・めまい・吐き気などを改善するには、原因である所を治さなければなりません。マッサージを受けた後の持続時間も、原因を取る事を優先した方が長持ちします。

当院では全身整体のコースで根本から変える様にしています。
生活に不便が出ている場合は、当院の全身整体でお試しください。

詳しくは【緊張型頭痛はマッサージ屋さんで改善されるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

泰楽整体院 〒662-0916 
兵庫県西宮市 戸田町3-29 西宮スカイビル 301号室
TEL:07044961563
※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。 

西宮マッサージ特設ページ

泰楽整体院

詳しく見る

jpeg
院長名
藤田 泰仁
電話番号
070-4496-1563
住所
兵庫県西宮市戸田町3-29 西宮スカイビル301号室
URL
https://yasuraguseitai.com/

カテゴリー

2014年7月24日

「三ヶ月検診まで」「離乳食について」

さて、もうお済みの方も見えるかとは思いますが 今回

一覧を見る

治療院用無料登録申請

ママ専用無料登録申請

フォローして最新ニュースをゲット

facebook

google+

RSS

Copyright 2013 ままテン ALL RIGHTS RESERVED.Design by ミッシェル・グリーン