お問い合わせ

27
9月

赤ちゃんの股関節にはご注意を!!

2016年9月27日

カテゴリー:未分類

 

こんにちは!うきは市の「吉井こころ整骨院」です。

今回は乳児の先天性股関節脱臼についてです。

 

先天性股関節脱臼は、先天的に股関節が脱臼しやすい要素を持った赤ちゃんに、何らかの要因が加わって脱臼してしまう病気です。

多くの場合は3~6ケ月の乳児検診で発見されますが、ごく軽い場合は幼児期には症状がほとんどないため、気づかずに放置されてしまうこともあります。

先天性股関節脱臼に気づかず、治療しないまま大きくなると、思春期になって痛みを覚えたり、脚を引きずるように歩いたり、疲れやすいなどの障害が出てくる恐れがあります。できるだけ早期に発見されることがベストですから、乳児検診は必ず受けるようにしましょう。

 

先天性股関節脱臼が発症する率は圧倒的に女の子に多くなっていて、男の子の約10倍の頻度で起きています。なぜ女の子に多いのか、その原因はまだよくわかっていないようですが、生まれつきやホルモンの関係、遺伝子、子宮内での環境、生まれてからの要因などいろいろ考えられるようですが、まだ解明されていないことも多いようです。

1つだけの原因で起きるのではなく、これらの要素が複合することで発症しているのではないかと考えられているようです。

 

名称には「先天性」ということばがついていますが、生まれた時に脱臼しているというケースは少なく、
生まれた時に不安定な状態にある股関節が、成長とともに外的な要因によって徐々に脱臼していくことが多いのです。

そのため、最近では、欧米などでは先天性ではなく「発育性」という言葉を用いて、「発育性股関節形成不全」という呼び方をするようになってきています。

 

 

うきは市、吉井町、浮羽町、久留米市、田主丸町、日田市、朝倉市、杷木、甘木などのママさんは当院へ!

TEL0943-74-2141

吉井 こころ整骨院

詳しく見る

s150_3_20151130063555
院長名
川原 佑太
電話番号
0943-74-2141
住所
福岡県うきは市吉井町742-10
URL
http://www.ekiten.jp/shop_7037690/

カテゴリー

2014年7月24日

「三ヶ月検診まで」「離乳食について」

さて、もうお済みの方も見えるかとは思いますが 今回

一覧を見る

治療院用無料登録申請

ママ専用無料登録申請

フォローして最新ニュースをゲット

facebook

google+

RSS

Copyright 2013 ままテン ALL RIGHTS RESERVED.Design by ミッシェル・グリーン