お問い合わせ

13
12月

妊娠中の腰痛でご来院の國井様

2017年12月13日

カテゴリー:妊娠中の施術

※この記事での説明は、当院の技術系統から推察している体の捉え方を中心にまとめています。

 

診てもらえるところがなかった

 

妊婦さんの治療は繊細な技術が必要です。 力任せなマッサージはもちろんNGです。妊婦施術には相当の技術が必要であると言えます。そのせいもあって妊婦対応の治療院は少ないようです。 しかし、横向きにしていればガンガン揉んでしまっても大丈夫という浅はかな考えで妊婦治療をうたっているところもあるので注意は必要です。  

赤ちゃんへの影響を考える

「痛気持ち良い」強い刺激施術(鍼刺激も含む)で起きてしまうのが脳圧の変化。頭蓋が硬くなります。自覚として施術後に起きるのは頭痛けだるさ倦怠感など。これらを好転反応として説明してくる院は多いです。実際は患者様の体の許容範囲を超えた、施術のし過ぎなんですけどね。   しかし、一番注意したいのはおなかのはりです。気持ちよく感じた施術も、おなかのはりにつながってしまうということを知って欲しい。

赤ちゃんの居場所がなくなる!?

おなかがはった時には、赤ちゃんのスペースが狭まってしまう。そういった状態が続くと居心地の良いスペースを探して赤ちゃんが動き回っていき結果、、、逆子になる可能性が高まってしまう。 だからこそ、多くの方は当院での施術後にお腹が柔らかく・丸くなった状態の時は赤ちゃんがいつもよりも大きく動くのを体感されます。 おなかのはり・逆子・つわり症状などでお悩みで、無理のない施術をご希望の方は当院にご相談くださいね。LINEからのご質問も承っております。  

インタビューさせていただきました。

今回ご紹介する國井様もインターネットで妊婦対応の治療院をお探しになっていたそうで、その数の少なさにびっくりされたそうです。腰の痛みが強く出ているのに診てもらえない、、、なんて実際に妊婦という立場になるまで想像すらしないと思います。 来月に出産を控えていらっしゃいますが、現在も通院されており快くインタビューにご協力くださいました。リアルな感想をいただいておりますのでご覧ください。          

たすくキュアルーム

詳しく見る

me
院長名
羽生 洋輔
電話番号
024-983-3418
住所
福島県郡山市土瓜1-1-1
URL
http://taskegg.com/

アーカイブ

2014年7月24日

「三ヶ月検診まで」「離乳食について」

さて、もうお済みの方も見えるかとは思いますが 今回

一覧を見る

治療院用無料登録申請

ママ専用無料登録申請

フォローして最新ニュースをゲット

facebook

google+

RSS

Copyright 2018 ままテン ALL RIGHTS RESERVED.Design by ミッシェル・グリーン