お問い合わせ

16
2月

産後の骨盤矯正、骨盤・骨格矯正

2016年2月16日

カテゴリー:未分類

こんにちは。

西東京市下保谷 春風堂接骨院 スタッフ榎戸です。

二日前は春一番の陽気で夏日に近かったですが

昨日はかなり寒く気温差が10度以上あったので体には大きな影響を受けます。

そのために痛みが出てきたりするので体調管理は気を付けてください。

 

 

さて今回も骨盤・骨格矯正です。

前回は筋肉の話をしました。

筋肉が硬くなると骨盤や骨格が歪んでくることを伝えました。

骨盤が歪んでくるとどうなるか・・・

 

まず人にとって骨盤は土台です。

土台がしっかりしていないと建物は崩れていってしまいますよね。

人でも同じことが言えます。

土台がしっかりしていないと背骨が傾き、傾いた反対側の筋肉が縮こまって硬くなってしまいます。

縮こまってしまうと余計に背骨が傾いてきます。

そういうことを繰り返していくと後々肩だったり膝だったりと痛みが増えていきます。

そうなる前に土台となる骨盤の歪みを取り除いてあげることが大切です。

土台がしっかりしていれば動きもスムーズになりますし、肩や膝が痛くなることが少なくなります。

 

ただ前回もお話したように骨盤だけ、筋肉的な治療だけやっていても良くなりません。

骨盤の矯正をしたからと言って筋肉的な治療をおろそかにしていると

せっかく矯正して良くなった状態が筋肉の硬さでもってまた歪んできてしまいます。

反対に筋肉的な治療だけでも一緒です。

筋肉の硬さが取れていっても、骨盤の歪みが残ってしまっては

筋肉はまた縮こまって硬くなってしまいます。

ですから筋肉的な治療と骨盤矯正を併せて治療していくことで

徐々に状態が良くなっていきます。

 

しかし、この併せた治療でも頻度を高くしていかないと意味がありません。

この治療頻度については次回 書いていこうと思います。

この記事を見ていただいた方は次回の記事も読んでいただき

このぐらいのペースでやっていけばいいのか

と思っていただければな と思っています。

 

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

産後の骨盤矯正を行っていますので宜しくお願いします。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

More from my site

春風堂接骨院

詳しく見る

ookumasensei
院長名
大熊 貴之
電話番号
042-421-5213
住所
東京都西東京市下保谷4-11-6 小島コーポ1F
URL
http://shunpudo-sekkotsuin.com

アーカイブ

カテゴリー

2014年7月24日

hタグテスト

h2テスト h3テスト h4テスト h5テスト h6

「三ヶ月検診まで」「離乳食について」

さて、もうお済みの方も見えるかとは思いますが 今回

一覧を見る

治療院用無料登録申請

ママ専用無料登録申請

フォローして最新ニュースをゲット

facebook

google+

RSS

Copyright 2013 ままテン ALL RIGHTS RESERVED.Design by ミッシェル・グリーン