お問い合わせ

25
1月

痛みで判断する怖さ

2017年1月25日

カテゴリー:未分類

 

かなり冷えてきましたね
 
明日はマイナス4度
 
去年のように水道管が寒さで破裂しないといいですが
 
 
さてさて
 
『痛み判断する怖さ』とタイトルに書きましたが
 
久々見えた患者さんで
 
最近は、痛みはさほど感じなかったとのこと
 
首の動き腰の動きを自分でしても大丈夫 と
 
じゃあ肩は?
 
右は上がるが 左は顏の横で止まる
 
動きは悪いけど、痛みはない
 
自分でも気づかなかったそうです
 
 
腰も左右に捻ると、体が硬くて捻れない
 
あれ?
 
自分でもこんなはずではないと、無理やりぎゅーと捻りだしてしまいました
 
 
オステオパシー検査すると
 
横隔膜が硬くなり、
 
心臓、肝臓、腸と働きがわるくなっていました。
 
忘年会や正月の暴飲暴食も多かったとのこと
 
 
食事や気圧の変化などで徐々に悪くなり、関節まで硬くなっていたため
 
痛みも感じにくかったのでしょう
 
でもよく聞いていくと
 
生理が遅れていた、足の冷えが強かった、すぐ疲れるなど
 
痛み以外で判断できることは多かったですが・・・
 
痛みだけで判断すると、
 
忙しかったからこのくらいしょうがないと
 
体の症状を見逃していることも多くあります。
 
だから痛みは時に知らせる最高のシステムとなります
 
痛みがなくなればいいと勘違いしている方
 
ただ痛みを減らすのではなく
 
なぜ痛くなったのかがとても大切になります
 
痛みで判断せず、色んな体の声を聞けるようにしておきましょう
 

オステオパシー整体院 NAO

詳しく見る

カテゴリー

2014年7月24日

hタグテスト

h2テスト h3テスト h4テスト h5テスト h6

「三ヶ月検診まで」「離乳食について」

さて、もうお済みの方も見えるかとは思いますが 今回

一覧を見る

治療院用無料登録申請

ママ専用無料登録申請

フォローして最新ニュースをゲット

facebook

google+

RSS

Copyright 2013 ままテン ALL RIGHTS RESERVED.Design by ミッシェル・グリーン