お問い合わせ

22
3月

恥骨痛の原因と対処法

2017年3月22日

カテゴリー:未分類

こんにちは!

奈良県北葛城郡広陵町にある【産前産後整体専門】のNino治療院です。

 

 

妊娠中から産後にかけて痛める方が多い恥骨。

デリケートな部分になるため、病院や治療院で相談することをためらっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、満足のいく育児をするためには早めに治療を行い改善することが重要になります。

そこで今回は「産後の恥骨痛」の原因と対処法について書いていきたいと思います。

 

 

〜恥骨痛って何?妊娠中・産後に現れる症状はどんなもの?〜

恥骨痛とは、足の付け根あたりの恥骨に出てくる痛みのことです。

しかし、恥骨自体に痛みが出るのではなく、左右にある恥骨を繋いでいる「恥骨結合」に痛みが出ているのです。この恥骨結合が出産などで負担がかかり損傷することによって、恥骨痛が現れるのです。

産後の恥骨痛の症状は個人差があり、生理痛のようなチクチクした痛みを感じる人もいれば、歩けないほど強い痛みを感じる人もいます。

家事と育児で忙しいママは痛みを放置しがちになりますが、だんだんと痛みが激しくなることもあるので、できるだけ早めの対処を心がけるようにしましょう。

 

〜産後の恥骨痛の原因は?〜

では、どうして産後に恥骨結合部分を損傷しやすいのでしょうか?

産後の恥骨痛には、出産と妊娠中から分泌されるホルモンが関係しています。

 

まず1つ目の原因として、胎児が産道を通るときに骨盤が開き、恥骨結合部分が伸びたり捻じれたりすることによって損傷してしまうことが挙げられます。

これが産後の恥骨痛につながるのです。特に、妊娠前や妊娠中から恥骨痛を感じていた人や、姿勢が悪くなり骨盤周りが歪み気味だった人は起こりやすくなります。

 

もう一つの原因として、「リラキシン」という女性ホルモンも恥骨痛に関係していると言われています。

「リラキシン」には関節や靱帯を緩める働きがあり、分泌量が増えることによって、分娩の際に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようになります。

しかし、一方で関節や靭帯の緩みが、骨盤周辺の歪みを引き起こす原因になってしまうという一面もあります。この「リラキシン」による骨盤の歪みが、産後の恥骨痛の原因になると考えられます。

 

 

〜恥骨痛はいつまで出てくるのか?〜

産後の恥骨痛は、骨盤の歪みや恥骨結合の損傷の程度によって、治療期間に個人差があります。

産後1ヶ月を過ぎた頃に治ったという人もいれば、産後6ヶ月以上痛みが続いた人もいらっしゃいます。

 

出産による損傷が原因であれば、産褥期(産後6~8週間)を過ぎるまでに自然に治まることが多いのですが、骨盤がひどく歪んでしまっている人は長く痛みが続きやすい傾向にあります。

1ヶ月検診の時点でも完治していない場合は、検診で医師に相談してください。また、産後1ヶ月未満でも、立ち上がれないほどの激しい痛みがある場合は、早めに産婦人科の先生に相談して早めに診察をしてもらいましょう。

 

1ヶ月以降であれば、【産後骨盤矯正】をやっている整骨院や治療院に相談することもオススメです照れ

 

〜恥骨痛の対処方法〜

恥骨痛の原因である恥骨周辺の歪みや損傷は、今日治療したから、明日に良くなるというものではありません。

根気強く一定期間をかけて歪みを治していくことが、改善へ向けた1番の近道になります。

以下に書いた対処方法を参考にして、恥骨周りの負担を減らして見てください。

 

①骨盤ベルト

手軽に行える恥骨痛の対処法として、骨盤ベルトがオススメです。

骨盤ベルトを巻くことで骨盤が安定され、歪みの解消につながります。

しかし骨盤ベルトはきつく巻いてしまうと、血流を悪くする可能性がありますので、助産師や医師に正しい巻き方を指導してもらってください。

恥骨痛の予防や長引かせないために、出産後なるべく早めに骨盤ベルトを使い始めるのが良いでしょう。

 

②産後骨盤矯正を受ける

整骨院や治療院などで、産後の骨盤の歪みを矯正してくれるところがあります。

産後1ヶ月検診で健康上の問題がないと診断されたら、骨盤矯正などの施術を受けていただくこともオススメします。

産後のママを施術したことがある、経験豊富な先生がいるかどうか事前にネットなどで確認しておくと安心ですね。

最近の治療院では、赤ちゃんを預かってくれる託児所がついているところもあります。

※Nino治療院はキッズスペース・ベビーベッドをご用意しています。

 

③産後ヨガや体操を行う

ヨガは骨盤矯正効果があるだけではなく、リラックス効果や基礎代謝を高める効果もあります。産後のママ向けのクラス(産後・お子様づれ可能など)を用意しているところもあるので、確認してみましょう。

ヨガも他の運動と同様、1ヶ月検診のときに医師に許可をもらってから始めるようにして、焦って無理をしないように注意しましょう。

 

また骨盤矯正の体操をすることにより、恥骨痛を軽減できることがあります。

1ヶ月検診で医師に許可をもらってから、少しずつ始めてみるといいでしょう。

また、産褥期でもできる「産褥体操」もおすすめです。

 

骨盤体操

産褥体操

 

〜まとめ〜

産後の恥骨痛は自然に治まっていくことが多いのですが、激しい痛みを感じたら我慢せず、早めに参加の先生に相談することをオススメします。

産後の恥骨痛は、骨盤の歪みや緩みが原因になって起こっていることが多いので、医師とも相談しながら、骨盤ベルトや整体を利用して、歪みを矯正するようにしましょう。

 

産後のさまざまな痛みを抱えながら、育児を行うのは大変です。

元気に満足のいく育児ができるよう、痛みや体調不良には目をそらさず、時間を見つけて自分の体をケアすることを心がけるようにしましょう!照れ

 

 

産後・妊娠中の痛みや不調ならお任せください!ウシシぐ~

 

Nino治療院

0745-43-7505

HP:http://www.ekiten.jp/shop_7148086/

Nino治療院

詳しく見る

s150_20170116145423
院長名
二宮 浩暢
電話番号
0745-43-7505
住所
奈良県北葛城郡広陵町みささぎ台6-22
URL
http://www.ekiten.jp/shop_7148086/

カテゴリー

2014年7月24日

「三ヶ月検診まで」「離乳食について」

さて、もうお済みの方も見えるかとは思いますが 今回

一覧を見る

治療院用無料登録申請

ママ専用無料登録申請

フォローして最新ニュースをゲット

facebook

google+

RSS

Copyright 2013 ままテン ALL RIGHTS RESERVED.Design by ミッシェル・グリーン